イメージ画像

スカイプ英会話

スカイプはインターネット回線を利用した無料通話のシステムです。

スカイプ英会話

このスカイプを用いたオンライン英会話がとても安価で時間も自由に受講が出来るということで多くの社会人が スキルアップのために受講していますが、 このスカイプ英会話にキッズ(こども)専門の教室があるのはご存知でしたか?

2011年から小学高学年には英語の授業も必須となり、英語の家庭学習をお探しの親御さんにとっては ありがたい情報ではないでしょうか。

それは、とっても安価なんですよ!

スカイプは無料で通話ができますし、また講師の方は外国から授業をしているのです。

英語必須化 社会

英語必須化社会

現代は英語必須化の社会になりつつあると言われています。

例えば、有名所では楽天と、「ユニクロ」というブランドを出しているファーストリテイリングという二つの成長企業が、くしくも同じ2010年に「英語の社内公用語化」を打ち出しました。

実際今では、今では、ほぼ全ての会議とメール、社内用SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)への投稿も英語出行われているようで、海外出張先でも英語で議論できるようになった。

「お酒の場でも英語の会話を楽しめるようになりたい」と社員は意欲的に英語を勉強しマスターしつつあります。


英語公用化することによって、一見非効率なように感じられたものの、実際には日本語だと長くなりがちな報告メールは短くなり、資料の翻訳も不要に。業務軽減の部分もあることが分かってきたといわれています。

小学校高学年児童から英語を必修化

小学校英語

そんな流れの中、小学校でも英語が当たり前の環境となりつつあります。

公立小学校で小学校英語活動の研究が始まってちょうど2012年(平成24年)で20年目を迎えました。2005年(平成19年)の9月に小学校高学年児童(5年生から)から英語を必修化するというニュースがありましたので、ご存知の方も多いと思いますが、ついに小学校高学年にも英語の必須化が始まりました。

これまで小学校の英語は「総合的な学習の時間」の中に位置付けられた国際理解教育の範囲で指導されていました。

ですが、これからは、総合的な学習の時間を飛び出して独立した科目の時間が外国語活動の時間になったということです。 2011年(平成23年)から総合的な学習の時間が現在の年間110時間から70時間に減り、外国語活動の時間が35時間設けられるようになりました。

実際の現場では、英語指導に不慣れな小学校教師が多いため、強力な助っ人として、ALT(外国語指導助手)という外国人が授業に参加することがあります。
アメリカ、オーストラリア、カナダなどの英語圏の国々以外からも来日していて、子供達の英語の橋渡し役を果たしています。
学習目的は「コミュニケーション能力の育成」にあるので、よりネイティブで実践的な英語を学ぶことが強みになる時代になっていくでしょう。

このページの先頭へ